所在地   東京・広尾 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北海道・札幌 | 北九州・小倉

無料説明会申込み 無料適応検査申込み  ⇒神戸クリニック スタッフブログ

神戸クリニックでレーシック

レーシック手術の神戸クリニックの紹介


老眼治療ニアビジョンシーケー(NearVision CK)

遠くも近くも見えるアクティブな毎日がはじまります。

老眼鏡を使わなくても、近くも遠くも見えるようになりたい・・・。
神戸クリニックでは、そんな願いをかなえる最新技術を老眼治療の先進国アメリカから導入しました。 老眼鏡から開放されたアクティブな毎日をあなたもはじめてみませんか。

老眼治療ニアビジョンシーケー(NearVision CK)とは

神戸クリニックが提供する老眼治療が「NearVision CK」です。CK(Conductive Keratoplasty)とは、「伝導性角膜形成術」という治療名称の略語です。ラジオ波によって、遠くも近くも見える「ブレンドビジョン」を作り出す最新の医療技術です。

●より高い安全性
メスやレーザーではなくラジオ波(高周波)を使うことで、より安全性を高めています。治療時間は3分程度で、痛みを感じることもありません。

●遠近両用レンズ
ラジオ波をあてることで、角膜のカーブを矯正します。このカーブが遠近両用のレンズとなり、遠くも近くも見える「ブレンドビジョン」が形成されます。



老眼治療ニアビジョンシーケー(NearVision CK)の適応基準

●年齢が45歳以上の方
●矯正なしの裸眼できちんと見え、視野の狭まりや視野欠損などない健康な目の方
●近くを見るときに老眼鏡に頼って生活している方
●角膜中心部の厚みが570μm以下で、中心から6mm付近の厚みが560μm以上の方
●角膜曲率半径が41.0D~45.0D以内の人の方
●その他、老眼は進行するものと理解し、将来的に追加治療が必要になることを理解される方
※大型自動車免許もしくは普通二種免許を更新予定、または今後取得予定の方は、CK治療後には、深視力検査に通らない可能性がございますので、当院での施術は控えさせていただいております。
(詳しくは、クリニックもしくはお客様相談センターまでお問い合わせください。)

老眼治療ニアビジョンシーケー(NearVision CK)の仕組み

通常、人は遠くを見るときに角膜の中心を使い、近くを見るときは角膜の外側を使っています。 老眼治療ニアビジョンシーケー(NearVision CK)は、角膜の外側にラジオ波をあてることで、コラーゲン組織の一部を収縮させます。こうすることで角膜の中心は元のままの形状を保ち、外周のカーブのみが矯正され、遠くの視力を維持したまま、近くの視力を向上させます。

idx_img01.gif

手術方法

2009-11-21_1615.png

術前術後の注意事項

術前、当日、術後の過ごし方には若干の注意が必要です。

神戸クリニック公式サイト「老眼治療ニアビジョンシーケー(NearVision CK)」から

神戸クリニックへ 神戸クリニック




術式メニュー 編集

神戸クリニックでレーシックのトップへ

無料説明会 無料説明会

レーシック 視力回復

無料説明会 リンク